info_top

ハンセン指数構成42銘柄 編集部の最新分析レポート



『エスプリ』(00330)

■欧州で人気のアパレルブランド
 「Esprit」のブランド名でアパレル製品を製造・販売する香港企業。世界40ヵ国に640店の直営店を持つほか、百貨店内の販売ブース1万2000件を構え、世界的なメーカーとして高い知名度を誇る。とくにヨーロッパで人気が高く、同社の売上の約9割は欧州業務が占めている。

 同社の決算期は6月が年度末。先に発表された08年12月末の通期決算では、売上こそ前年同期比で2・9%増(190億6400万HKj)とかろうじて増収を保ったものの、昨今の景気後退で13・6%の減益(22億7300万HKj)を計上。市場予想を約8%下回った。





■編集部の一言
 
「今年の小売業界は世界的に厳しい状況が予想されます。経済の悪化やユーロの為替安が業績に悪影響を及ぼすと思われます。しかし、同社はこれまで世界で成功してきた実績を持つ香港市場でトップクラスの優良企業。その経営経験を生かして今年の収益の谷間を乗り切ると思われます。

 最近ではドイツの富豪であるGunterHerz氏が同社の株式を購入したとの情報も入っており、厳しい今こそ買い時かもしれません。ある程度のリスクはとる必要がありますが、将来的には高値の130HKjに戻す可能性も。長期保有目的で狙ってみてもおもしろそうです」


ハンセン指数構成42銘柄トップへ戻る

週刊 『ベンチャーインテリジェンス』 お申込みはこちらから


Page Top



この改行は必要→