info_top

ハンセン指数構成42銘柄 編集部の最新分析レポート



『ハンセン銀行』(00011)

■高配当でディフェンシブ性の高い優良銘柄
 『HSBC』(00005)を親会社に持ち、香港全域で業務を行なう大手銀行。中国国内でも32支店を構えている。

 香港地場銀行の収益は減少傾向にあるが、同行は唯一、中間決算で前年同期比2・2%の増益(90億6400万HKj)を維持。「来年は98年のアジア金融危機に似た状況が到来する」(現地アナリスト)といわれる状況において、最も地力が強いとの評価を受けている。







■編集部の一言
 
「同行も安定性ではバツグン。配当性向も昨年の72%から今年は90〜100%に引き上げられることもありそうです。分散投資を行うならば、同行のようなディフェンシブ性の高い銘柄を加えるのも良いのではないでしょうか」


ハンセン指数構成42銘柄トップへ戻る

週刊 『ベンチャーインテリジェンス』 お申込みはこちらから


Page Top



この改行は必要→