info_top

ハンセン指数構成42銘柄 編集部の最新分析レポート



『紫金鉱業』(02899)

■安定した成長を遂げる金採掘の最大手
 傘下の16社を通じて合金やオイル添加剤などに使用されるモリブデンの採掘から生産、加工、貿易まで従事。河南省洛陽に拠点を構え、世界の鉱産企業の時価総額ランキングで30位に入る大手鉱産企業である。香港上場は07年4月。

 モリブデン製品の販売量こそ前年を上回ったが、コスト高と同時に製品価格の下落を受け、08年の通期決算では前年比5・7%の減収(55億6300万元)、26・8%の減益(16億4100万元)と減収減益を計上した。収入の4分の1を占める海外売上が24%減少したことも収益を圧迫した。


■年内に新高値も!
 
金の市場価格は、現在1オンス950米j前後で推移しているが、不安定にある米jが金価格を押し上げ、今後、08年3月に付けた1030米jを上抜け、新高値を付けると予想する専門家が多い。

 このため同社では今年通期の金生産量を13%引き上げる計画。 『クレディリヨネ』では今年年初に09年、10年の金価格の見通しを1000米j、950米jへ25−27%上乗せし、09年予想純利益を34億800万元と約5%引き上げた。目標株価をこれまでの5・8HKjから6・6HKjへ修正。レーティングは「買い」を据え置いている。







■編集部の一言
 
「下がったところが購入の大チャンス。ぜひともポートフォリオに加えていただきたいH株屈指の優良銘柄です」


H指数構成43銘柄トップへ戻る

週刊 『ベンチャーインテリジェンス』 お申込みはこちらから


Page Top



この改行は必要→